アラサー干物女pokoの婚活ブログ > 婚活コラム > 人を愛するとは?哲学的な答えとは?

人を愛するとは?哲学的な答えとは?

どうも、ポコです。

寒くなってきましたね。
最近、ちょっと体調を崩しがちで、
なかなか本調子がでません。。
早く、温かい季節になるといいな。

以前、見たテレビで
SMAPの草なぎくんが「人の愛し方が分からない」と語っていましたが、
私も、最近、婚活をしていると人を愛するどういうことなんだろう。
わからないと考えるようになりました。。

長年付き合ってきた友達や家族への愛はありますが、
それが異性となると、なかなかすんなり上手くいかない気がするんですよね。


社会心理学、精神分析、哲学の研究者である、
エーリッヒ・フロムは、愛の本質を「与えること、配慮、責任、尊敬、知」
と言っています。

与えること


フロムがいうには、
「与えるという意味で人を愛することができるかどうかは、その人の性格がどの程度発達しているかということによる。愛するためには、性格が生産的な段階に達していなければならない。」

確かに、自分が大切という、自分が得をすることだけを考えている人間では、
与える事はできない。なので、ある程度成長した人間でないと与えるということは、できない。

振り返ってみると、相手のために何かをするということが
だんだん無くなってきてる気がします。
自分中心の考えは、ダメですよね。

配慮


フロムがいうには、
愛とは、愛する者の生命と成長を積極的に気にかけることである。

相手の成長を尊重して、常に気にかけるということですね。

責任


フロムがいうには、

「責任とは、他の人間が、表に出すにせよ出さないにせよ、何かを求めてきたときの、私の対応である。」


尊敬


「尊敬とは、他人がその人らしく成長発展してゆくように気づかうことである。」
さらに「人を尊敬するには、その人のことを知らなければならない。」


 「愛はたんなる雰囲気ではない。そこには、相手に対する知が伴うし、また伴っていなければならないのだ。」

参考文献:http://ittokutomano.blogspot.jp/2012/08/blog-post_26.html


昨日、以前読んだ「永遠の0」をもう一度読んでみると、
人を愛することについて気になるエピソードが描かれていました。

戦争から帰ってきた永井氏が、
結婚をしたいと特に願っていた訳ではなかったけど、
生活が落ち着き、そろそろ結婚しようと決意し、
特に悪い印象もなかったので、結婚することに。

愛という気持ちが初めて生まれたのは、その1年後。

何気なく、
自分のズボンを破れたところを繕っている妻の姿見て、
ふと、自分の着ていたシャツを見ると、
肘のところに繕いがありました。
じっと見ると、一針一針丁寧に塗ってあり、
それを見た瞬間言いようのない愛情を感じた。

自分の妻が自分のために一生懸命になっている姿を見て
永井氏は、愛情を感じたとありました。

この奥さんの行動に、フロムの言っている愛の本質が詰まっている
のかもしれません。

結局、愛は、相手のことをちゃんと考えて、向き合うって知ることが大切なんですね。
これから、婚活中に出会った人にちゃんと向き合って知っていこうと思います。




ポコのおすすめネット婚活
1位ユーブライド
無料で気軽にはじめれる!
感想はこちら

ライブドアの婚活サイト『youbride』入会金・会費無料

2位ゼクシィ縁結び
検索機能やサイトがかわいくて見やすい
感想はこちら

まずは、無料会員登録


3位ブライダルネット
ネット婚活の中では、安心安全
感想はこちら

【日本最大級の婚活サイト】運営14年『ブライダルネット』

↓ ブログランキングにご協力おねがいします!


  • にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する